FC2ブログ

心臓血管外科での入院中の日課

急性大動脈解離でCN総合病院の心臓血管外科で緊急手術をし、入院をしていました。
入院中の日課はだいたい下記の様でした。

6時、採血(血液検査がある時のみ)
7時、バイタルチェック
8時頃、回診(週に2日位)
8時半、朝食
9時から10時の間でリハビリ
10時、バイタルチェック
12時半、昼食
13時半から15時の間でリハビリ
17時、バイタルチェック
18時半、夕食
20時、バイタルチェック
21時、就寝

レントゲンなどの検査は外来との都合があるようで、昼前後が多かったような気がします。
シャワーは面会がある日は11時頃に、ない日は17時頃に入っていました。病院の決まりでは一日おきでしたが、シャワーに1人で入れるようになってからは、リハビリもかねて毎日入るようにしていました。シャワーを浴びるだけでも体力を使ったり、一苦労でした。


追記10:00
ベッドにいてもなるべく横にならないようにして、座っていました。時々他の階や一階にあるコンビニに行ってました。一回当たりは短い時間でしたが、なるべく廊下を歩くようにしていました。
そのせいか、のんびりさんはよく歩いていましたよね。と看護師さんから言われました。
スポンサーサイト



急性大動脈解離・・・このやっかいなもの

急性大動脈解離の詳しいことは専門のページを参照していただきたく思いますが、この病気は結構やっかいなものです。

私の場合はスタンフォードA型で、人工弁の置換と一部血管を人工血管に置換しましたが、弓部以降足の付け根辺りまで解離しています。よって、手術をしたといっても完治しているわけではなく、解離している部分が残っており、今後の経過観察が重要になります。

大動脈の太さが55mmになったらまた手術の必要があります。

ですから、血管が太くならないように血圧管理、運動療法や食事療法が重要になってくるようです。

運動は有酸素運動が良いようで、ウォーキングを30分以上現在しています。
食事療法は減塩・・・一日6gと言われていますが、これは出来ているのか???です。

もう手術をしたくないというのが本音です。

血管の太さが変わらないことを祈っていますが、このことは精神的に負担になっています。


でも、急性大動脈解離になってしまった以上、この病気と気長に付き合っていくしかないのでしょう。
重いものを持たない、血圧が上がらないようにするなど、気を付けることが沢山あるようです。

まだまだこの病気のことをちょっとしか自分では分かっていないので、いろいろと情報を得ていきたいと思います。

まだまだやりたいことが沢山ありますので、無理をせず、のんびり、気長に・・・。


と言っても、不安で仕方ないのが現状です。