FC2ブログ

急性大動脈解離から6年

2013年の今日、9月12日の17時20分頃に急性大動脈解離を発症して、緊急手術で命を繋いでいただきました。

あれから6年、いろいろなことがありました。

解離後の経過観察で大動脈瘤が大きくなり、2016年12月に遠位弓部解離性大動脈瘤の手術をしていただきました。

2度の手術共に、人工心肺を使用していますので、2度心臓を止めたことになります。

解離後は不安で不安で仕方なく、ビクビクしており、ちょっと体調が良くないと、すぐに病院に行って診てもらうことを何回もしていましたが、今はそれも少なくなり、残存解離を抱えて不安ではありますが、生活をしています。

今日は心臓血管外科の外来診察で、主治医といろいろなことを話したり、相談してきました。

手術痕はまだまだ痛みます。
胸が痛い時もあります。
めまいや立ちくらみもあります。
ぶつけた覚えもないのに、腫れたり、痛かったり、内出血したりします。

書き出すときりがありませんが、

生きています。

生かされています。

本当にありがたいことです。

感謝感謝です。

家族や周りの方々にも感謝です。


残存解離の経過観察はまだまだ続きますが、もう手術はしたくありません。

楽しいこと、好きなことをやって、笑って過ごせればと、心から思います。



のんびり、ゆっくり、あせらない。

出来る時に、出来ることを、少しづつ。

頑張らない、頑張らない。









今日の病院帰りの電車の乗り継ぎで、この6年間で一番のダッシュをしてしまった^ ^







スポンサーサイト