FC2ブログ

除夜の鐘と初詣

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


急性大動脈解離になった年、2013年の大晦日は、紅白を早々に切り上げ、家族でお寺に行き除夜の鐘をついてきました。

手術から3ヶ月半ということもあり、夜中に出掛けるのは迷いましたが、ヒートテックにスキーウェア、カイロもポケットに入れての防寒対策をしっかりして出掛けました。
それでも除夜の鐘をつく列に並んでいる時は、足元がとても寒かったです。


23時半少し前にお寺に着いて、すぐに除夜の鐘の列に並びました。並んでいる時に甘酒を飲んで温まりました。
23時半を過ぎてから、除夜の鐘がなり出しました。並ぶこと30分位だったでしょうか、ようやく順番が回ってきて、家族全員で鐘をつきました。

並んでいる間、寒いのとフラフラするので、何回も帰ろうと思いましたが、なんとか鐘をつくことが出来ました。


その後は、初詣をして帰ろうと思っていたらお賽銭箱がありません。あれ?と思っていたら、住職さん?の新年のご挨拶と新春の獅子舞がありました。

早い時間に来たのは初めてだったので、獅子舞を見るのは初めてでした。
獅子舞を少し見て、私だけ車に戻り少し休んでいました。


獅子舞が終わり、お参りご出来るようになったと妻から電話をもらい、初詣へ。
お参りをして、近くにいる獅子を触り、手を噛まれてきました。

子供は抽選で米をゲットしてきました。

子供と一緒に、また獅子を触り、2人で手を噛まれてきました。
子供ははじめ躊躇していましたが、獅子に噛まれるととても喜んでいました。


家に帰る前に、延命甘酒と延命蕎麦をいただきました。子供も甘酒を飲むと言い、ちょっと飲んでいました。


2014年がスタートしました。
昨年急性大動脈解離になり、命のありがたさ、普通に出来る事はいかに凄いことなのかを身をもって体験しました。
今年は健康に気をつけて過ごしたいと思います。


今年も皆様にとって良い年でありますように、心よりお祈り申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する