今週は術後9ヶ月目のCT検査です。

昨年末の遠位弓部解離性大動脈瘤の人工血管置換手術から、約9ヶ月後の定期検診が今週あり、大動脈のCTを撮ります。


今年の6月の定期検診では、腹部大動脈の径は38mmで、変化なしと言われて、喜んで帰って来ました。

しかし、病院から帰って来てから、今年3月の定期検診の日記メモを見たら、腹部大動脈は33から36mmと書いてあり、数値が大きくなっていることに、かなり凹みました。


本当に変化なしなのか?

変化なしが一番良いです!


今週CTを撮って、診察の時に主治医からなんと言われるのか・・・。


6月の検査の時は、次回は6ヶ月後の12月でもいいと言われたのですが、まだ心配だからと、3ヶ月後の今週の検査にしてもらいました。

6ヶ月先でもいいと言うことは、心配はしなくてもよいのでしょう。


腹部大動脈の径が変わっていないのか、どうなのか、今週の定期検診の時によく聞いてこようと思っています。


聞いても理解できないことは沢山あるし、その結果を受けとめるしかないのですが、自分の体のことだから、しっかり聞いてみたいと思います。


とても怖くて、不安だらけです・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

のんびりさん、もう術後9ヶ月が過ぎたんですね。うちの主人も3ヶ月が経過して胸帯も外せて、ようやく数日前から自ら体を動かす意志が出てきました!
気温差のせいもあるのか、朝の血圧が150位で高い、と不安を現しますが数日前より片道10キロ程の道のりを自転車通勤を始めました!
呼吸器のリハビリにも良いようで、自転車走行しながら発声練習しているようです…まだまだ声かれは治りません。主治医は大きな手術経験し、これくらいはしかたないね!と言われました。
まだまだ腹部大動脈瘤の経が心配ですね。
検査の度に1ミリでも大きくなってくると検査結果を聞くのが恐くなり、ドキドキです。
それでも毎日、過ぎていく。不安は生涯付きまとう身体ですが、お互い頑張りましょうね🎵又、寄りますね~。

Re: タイトルなし

MYさん、コメントどうもありがとうございます。

ご主人は、術後3ヵ月でもうお仕事をされているんですか。しかも自転車通勤もしているなんて凄いですね。すごい回復力ですね。

病気とはずっと付き合っていくしかないですが、楽しい日が多くなるといいですね^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する