FC2ブログ

急性大動脈解離、退院前後のこと

急性大動脈解離になり手術し、入院をしている時と退院した頃の事で思い出したことがあったので、今までにも書いたかも知れませんが、書いておきます。

入院している時のリハビリで、階段の昇り降りの練習をお願いした時に、下の階や上の階に行くのがとても遠く感じました。特に昇りは辛かったですね。
先日、会社の階段を降りている時に、病院の階段の高さと似ているなと思いました。

退院して自宅療養し始めた頃は、何かあった時にすぐに連絡が出来るように、家の中でも携帯電話を持ち歩いていました。
また、退院した頃は季節が冬に向かう頃で、日が短くなり、夕方暗くなるのが早かったこともありますが、急性大動脈解離を発症した時間に、家で一人でいるのが怖かったです。今ではあまりその時間のことは気にならなくなりましたが、発症した時にいたソファーに座るのは、なんとなく怖い?感じがまだ残っています。


思い出したことをメモしときます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する